プロフィール

「本気で生きているか?」

私はいつも自分にこう問いかけています。会社勤めをしていた頃、自分なりに努力をして昇進したり、大学院へ飛び級入学をしてMBA(経営学修士号)の資格を取ったりと、自分のできることに全力投球してきました。
しかしそんなある日、ふとこれまでの人生を振り返ってみた時に、自分は「失敗しないことに成功してきただけ」であることに気付いてしまいました。若い頃から「起業」に対する夢を持ちながらも、「自分に任された仕事をしてスキルを磨いていけば、いつか何か成し遂げられるはずだ」と自分に言い聞かせていたのですが、実は単に現状に満足し、新しい世界への一歩を踏み出す勇気がなかっただけなのです。
そこで一念発起して起業をしてみましたが、本業の合間を縫っての経営ではなかなかうまくいかず、結局会社は休眠させることとなりました。悔しい思いもたくさんしましたが、その「失敗」からしか得られないこともあり、多くのことを学ぶことができました。そして、その後不動産投資に巡り会い、現在は会社を2つ設立し経営し、また不動産コンサルやセミナーを開催できるまでになりました。
これらの経験からも、私は「失敗しないこと」は「成功」ではないと考えています。
しかし、残念ながら私の周りにはいまだに「失敗は悪いもの」「失敗しないことが成功」だと信じている人もいます。
ただ、人生を80年だと考えた時、中核となる20~65歳までの時期を他人の会社にだけ貢献して終わらせることが、 あなたの人生にとって、そしてあなたの大切な家族にとって本当に「成功」と呼べるのでしょうか?
今いる「あなたの社会」から一歩外に出て、改めてご自身の人生設計を見直してみませんか?

まずはご自身に問いかけてみてください。

「自分は本気で生きているのだろうか?」と。

☆自己紹介☆
ルー大谷 1981年生まれ。神奈川県横浜市在住。
通信制の高校を4年で卒業後、工場でのアルバイトを始め、その後パソコンの資格を取る。
資格を活かして貿易会社やIT会社で派遣社員として勤務。
25歳の時に英語を学ぶためカナダに半年間留学。
帰国後、IT会社(東証一部上場)の正社員として就職し、プロダクトマネージャー、海外事業戦略担当を経験。
30歳で大学院に飛び級入学し、2014年にビジネス・ブレイクスルー大学院にて経営学修士号(MBA)を取得。
その後、外資系ITハードウェアメーカーへ転職し、経営戦略を担当する。
投資していた不動産が4億円規模になったのを機に会社を退職し、現在は会社を2つ経営。
不動産投資のコンサルティングやセミナーなどを開催している。

☆不動産投資を始めたきっかけ☆
会社勤め時代に「雇用される側ではいつまでたっても自由な時間は得られない!」と気付き、副業として事業を立ち上げるもののフロー型ビジネスのためなかなかうまくいかず、何かストック型ビジネスを始めたいと思った時に不動産投資に出会った。書籍を読んだりセミナーを受けたり、不動産を訪問したりとする中で、不動産投資はリスクが低いと感じ、2015年に中古アパート1棟を購入。
現在は不動産所得によるフリーキャッシュフローを資金元にして、新たな事業の立ち上げを計画中。

☆目標☆
年間キャッシュフローを3,000万円に!
エグジット(出口戦略)を確実にプラスにする 
事業家仲間を増やす!
海外での飲食店展開

☆好きなこと☆
新規の事業主計画を立てること
海外の人とのコミュニケーション
国内も国外も旅をしてまわること
ツーリング
おいしい食事とお酒を人と楽しむこと

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る